霜のオオイヌノフグリ

表紙拡大

2017年1月11日撮影
撮影地:狭山丘陵

 

カメラバッグを担いで自転車に乗って撮影に行きました。と言ってもこの記事の写真はずべてコンデジですのでカメラバッグは関係ありませんね。
何を言いたいかというと、カメラバッグにデジイチやらストロボ、交換レンズを入れて出かけるほど、写真を撮りたい気持ちが盛り上がってきたということを言いたかったのです。

もう10時ぐらいだったのですが、日陰には霜が残っていて、丘陵の尾根を越え、葉を落とした森を抜けて差し込む低い日光がどんどん溶かしていきます。

溶けたところから、霜の白さが消え、その下の緑色が日光で鮮やかによみがえります。

きれいでした。